大阪p2とゆきほの思い出
ポエム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛のメモリー補完
ゆきほ千早とかちの3にんは
邪神バァ・ンナムにうばわれた春香の声を取り戻すために
七つに砕けて世界にちらばった律子のメガネを探す旅をはじめる――

最初にLv50で常時リジェネの小鳥がサポートメンバーとして加わる
が、はじめの森を抜けたところで去ってしまう。

あずささんは宿屋とセーブポイント。

美希は最初から大魔法がつかえるもののMPがまったくたりない。
命令も聞かず自分勝手な行動をする。
古の浮遊大陸で賢者に開眼してもらうと覚醒する。

CG38番目
伊織が触手に蹂躙されニーソが破けている画像。

ヴァ・ンナムを倒して春香の声を取り戻すと
瀕死の際に離脱したヴァ・ンナムの意識が春香に乗り移り
真のボス、ダークプリンセスアマミーになる。
ゆきほ千早とかちの名前を呼ぶも発音がおかしい。
頭に二つあるリボンを壊すとアマミー本体にもダメージが入る。
アマミーを倒すと律子の視力が回復し世界に光が取り戻される。
アマミーはメロディとなって宇宙に霧散し人々にそのやさしい歌声をいつまでも聞かせる――
旅した世界をまわり主要でない登場人物たちのその後を見る。
I Wantをバックに右半分スタッフロール。

そして・・・成層圏を抜けて太陽系、果ては銀河を遠くに見ながら
太陽のジェラシーオルゴールverが流れる

                       ―END―

アマミーとの戦闘中
なんども話しかけると(そのたびに変な発音のチはゃ・・ゆ・・キ帆?が聞こえてくる)
「春香のペンダント」がアマミーの体からでてくる。
それを入手してクリアしたデータで小鳥の家に行き寝ると
ヴァ・ンナムに取り付かれた春香がもがきながら
なんどもみんなのことを思い出しているムービーが再生される。
あまりにも悲しく涙を誘うためファンの間では鬱動画と呼ばれ
「ペンダント入手したOTL」
「俺は絶対に動画みない」
「鬱動画ならニコニコにあるよ」
「あれを見るくらいならいっそのことアマミーを一瞬で葬り去る」
「ペンダントなにそれおいしいの」
などと忌避される。
しかしグッズにした春香のペンダントの売り上げ自体はよい。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。